検索
  • Yoshinori Fujita

IPM エッセン 世界最大の園芸総合展覧会

私が20年間毎年通い続けているドイツ エッセンの国際園芸博。多くの世界的な園芸家と親しくなり、多くの知識を得た母なる展示会です。


家族から『商いは飽きない』と言われ続け、飽きずに20年毎年の訪問です。


昨年、長野に生産農場を開設し、立ち上げに伴い。どっぷり現場に入り、ブログをさぼってました。スミマセン。


折角なのでIPM エッセンを私なりにレポートします。


展示会の営業マンではありませんが、世界各国から出展が凄い。



まずは日本代表はオークネットの本田さん 


いつもニコニコの本田さんは日本産の花輸出の第一人者です。


やっぱり今日もニコニコです。そして9月29日から10月1日まで開催のフラワートライアルジャパンの実行委員にも参加してもらってます。

http://www.green-joho.jp/trial/




そして日本でも話題の 水やりチェッカー  

サスティ―(sus・tee)

お洒落なブースは流石ですね。今年で3年目の出展です。


若い子たちは水やりが分からないのは世界共通。




もちろん 大手ではサントリー タキイ種苗 サカタのたね の出展もありますよ。


しかし、残念ながら今年ほど日本人を見ない年はありません。


日本人より台湾人、韓国人の方が多いね。


今日の紫陽花は






HBAフェザー 2年後には日本でも定番になって

       行く品種でしょう。


ブルーもピンクも綺麗






次回のブログも ドイツ IPM エッセンで   


244回の閲覧