検索
  • Yoshinori Fujita

クリスマスローズは知性を持っている


4月から12月まではクリスマスローズの育苗の季節。 




毎日、毎日 この子達を見ていると分かります。 彼らには感性、知性がある。


彼らは温度が上がると嫌がります。


人間は暑い、暑いとクーラーを入れますが、クリスマスローズは暑いと寝ます。


彼らは人間同様に温度を感じます。


そして何より光を感じます。夏に向かうこの時期は自分を冷やすために大きな葉を展開します。


まずは大きな葉を作り、体いっぱいに太陽を浴びて、光合成をする。これでだけでなく、根の温度をあげないように、葉で根を守ります。


クリスマスローズは実は人間以上に多くの感覚を持っています。 例えば、湿気、重力、光、肥料など。


特に根は繊細な感覚を持っています。


だから毎日、毎日 私は根を見て、会話しようと試みます。




この根を見ていると、知性を感じます。 動物の知性とは違う、植物の感覚を。


クリスマスローズは知性を持っている。次回プログでも。







62回の閲覧